クリニックで買える低用量ピルで腹部の膨満感を改善

毎月の生理(月経)の1~2週間前に、気分がイライラしたり、不安を感じたり、腹部の膨満感やむくみ、頭痛などの体調不良を感じる女性は多くいます。
生理前に起こるこれらの症状は、月経前症候群(PMS)と呼ばれており、ホルモンの変動によって起こるものなので病気ではないのですが、出来ればこれらの症状を軽くしたいと思っている人も多いことでしょう。
そんな月経前症候群に悩んでいる人たちにおすすめなのが、レディースクリニックや婦人科クリニックで診察を受け、低用量ピルを飲んでみる方法です。
低用量ピルはエストロゲンとプロゲステロン類似ホルモンを含んでいる錠剤で、飲むことで避妊が出来る薬です。
低用量ピルは避妊を目的として飲む人が多い薬ですが、それ以外にも副効用として生理周期が安定したり、生理痛や出血量が軽くなったり、腹部の膨満感や頭痛などの月経前症候群を改善したりといったメリットが得られるので、そのような副効用を目的に低用量ピルを処方してもらう人も増えています。
また、低用量ピルには飲んでいると肌荒れやニキビが出来にくくなったり、長期間の服用によって子宮内膜がん(子宮体がん)、卵巣がんになりにくくなるなどの副効用もあります。
低用量ピルには21日間、1日に1錠ずつ飲んでから7日間薬を飲むのをやめ、また次の21日間薬を飲むというパターンで服用する21錠タイプと、28錠が1シートになっていて1日に1錠ずつ飲んでいく中で7錠はプラセボになっているタイプがあります。
その他にも、低用量ピルには多くの種類が出ているので、婦人科クリニックで医師に診察を受け、自分の身体に合いそうなものを処方してもらうのがおすすめです。
低用量ピルはヘビースモーカーの人や重度の高血圧の人などは飲めないこともあるので、まずはクリニックで相談し、安全に注意しながら使用するのが良いでしょう。

関連トピックス